2009年1月26日月曜日

「是なら誰でも出来る、負け犬の遠吠えと同じである」への返答

以下のようなコメントを頂きました。

---

「司法の最高機関である最高裁判所がウトロ住人は不法占拠であると認めたにも拘らず、ウトロ住人が住み続けるのは憲法違反であり、国に対する重大な犯罪である。地方自治体(宇治市)は過去に強制退去措置を取らなかった事が誤りであり、この点で宇治市の責任は重い。
宇治市は法令を遵守し、情実に陥ることなく粛々と行政執行すべきである。

そもそも韓国人が地方自治に対して云々言うとはどういう事か?何様のつもりか?
日本のことは日本人が決める事であって、韓国人が決める事ではない。
また納税を行う事によって外国人に何らかの権利が発生する訳でもない。
在日は外国人であるということをまず自覚すべきである。

一番に理解できないのは何故、在日特権を許さない市民の会(以下、在特会と言う)に直接、会談を申し込まないのかという点である。 ウトロの実態について公の場で日本人に納得のいく説明もせずに、安易なネット上で在特会云々の悪口を言っているので益々、在日朝鮮人に対する印象が悪くなるのである。 顔も見えない安易に書き込めるだけの世界で反論したところで何ら説得力も無いばかりか、やっぱり朝鮮人かと失望させられるだけである。 是なら誰でも出来る、負け犬の遠吠えと同じである。」


---

コメントありがとうございます。

僕は大阪在住のムン青ヒョン(韓国籍)と申します。ウトロ住民ではありませんが、状況に固唾を飲む一人です。

ザクっとした法律談は素人なので、最高裁の判決とその執行に関する宇治市の対応が「国に対する重大な犯罪」あるとして、だからどうなの? というのがよく判りません。宇治市行政の責任という土俵で語るのであれば、司法で問題になる以前にとりうる選択肢が複数あり、情報不足のために対応ができなかったのであれば、もっと早い段階で「地域の調査」を進める必要があったでしょうに、情報収集・調査・対応の腰が引け、問題を先送りにするだけで、民々の問題としてもフォローできず、国交省/京都府/宇治市、日本/韓国と位相が交錯する段になっても主導権を発揮することが叶わず、「強行に対応する」にしろ「対話的対応をする」にせよ(どっちもできず)、その辺りの長年に渡る「ほったらし感」が批判されるべきでしょう。批判されるべきであった、と過去形でも良いのかもしれませんが。

強制退去措置をどんどん進めなかったことがダメという点だけでなく、何十年間も放置してきた、それらの点を含めて責任が重いということです。(もちろん僕は「退去強制」には反対の立場を表明しますが、だからといって絶対阻止!とかそういう感じでもなかった。実際のところ、個人的には。絶対阻止は住民がする話。住民である友人がそう言うのであれば、僕は手伝うよ。というスタンス)

先日、長かった裁判も終了しました。宇治市がどのように主導権を発揮するのか注目しています。

また、あなたは一番理解できない点が、「なぜ在特会に会談を申し込まないのか?」ということだそうですが、当事者でない僕が言うのもなんですが、僕にもなぜにあなたが、そんなことを疑問に思うのかが理解できません。

僕は在特会の活動は参加したことがなく動画しか見てませんが、日の丸を翻し威風堂々、、、というか威圧的にウトロ町内を練り歩く方々に対しては、日本人外国人、韓国人朝鮮人問わず「かかわりたいと思うやつが居るかぁ?」って感じですが、いかがでしょうか。趣味の良くないネタかと思たわ。

「外国籍保持者が日本の自治問題に口出しすべきでない」という意見を最もだとする方も居られるでしょう。僕は選挙権があろうと無かろうと国民であろうと無かろうと僕の住む市政について、僕や僕の家族、僕の友人、市民がより豊かに生活できるよう「要望」をしてきましたし、これからもします。あなたは「納税を行うことで権利が発生する訳ではない」という「当たり前」のことは判っておられるようなので、「誰が自治問題について口出しできるのか」というテーマが、この20年でどう変化してきて今後10年でどう変化していくか、「当たり前」のFAQとして認識されてるのではないでしょうか。特段あなたと議論するテーマじゃあ無いですよね?

「やっぱり朝鮮人か」とか失望されるのはあなたのメンタリティの問題でしょうが、このご時世で未だに、ある一部の認識をもってナショナリティを語るような大味さが通用すると思っているとは、、、その想像力の足りなさに愕然とします。

いや、愕然としつつも、そういう大味さが好きな人がいるのは知ってますし、オモシロおかしく、時には真面目な顔で、ナショナリティの差異を語るのが受けると思っている層が居るのも知ってるよ。でも、目の前でそういう話されると、「あなたは想像力が足りないのでは? というか現場どこ?」って聞いてしまいますね。

日本人に色々な立場や人格な方がおられるのと同じように、朝鮮人、韓国人も様々な人がおるでしょうに。なぜにそのことが想像できないのか。

ナショナリティを大味でしか把握しない人が「”外国人”は”日本”に口出しすべきでない」と言っても、あぁ、この人にとっては「外国人」も「日本」も大味でしか理解されてないだろうからトークにならんわな、としか思えず、そういう方とのやりとりに時間をかける気にはならん。

国家を擬人化した日丸屋秀和氏の『Axis powers ヘタリア』をネタとして笑うのは理解するけれど、国家や民族を「○○人って!」とか大枠でマジで語るというのは、相当に思慮が足りないのでは、、。韓国の民族右翼がヘタリアを批判してるのも馬鹿馬鹿しいと個人的には思うし、それを、面白がってニュースに流して盛り上げようとするもう一方の労力にもホトホト頭が下がる思い。っていうか、だから”若い右翼”は韓国人でも日本人でも好きになれんのだ。 さらに、これだけ社会的問題として「勝ち/負け」が話題になっているのにも関わらず、「勝ち/負け」で末尾を〆るという辺りの器量の狭さ、というか鈍さもどうなのかなと。僕との「趣味の違い」だけでは片付けることができない何か隔たりのようなものを感じました。

以上思ったことを率直に書きましたが、それでも尚、匿名のコメント、どうもありがとうございました。 m(_ _)m

---
追記


》ウトロの実態について公の場で
》日本人に納得のいく説明もせずに、
》安易なネット上で在特会云々の悪口を言っているので益々、
》在日朝鮮人に対する印象が悪くなるのである。


「日本人」に説明(!)ってのも大味ですね。
「公の場」ってのもよく判りませんが。
まぁ、その部分はいいか。

僕も、真摯に気にかけてくださってる方々に対して、住民サイドの現状報告が早くなされたらええのになぁ、、と思っております。
でもとりあえずは、進行中の韓国政府、領事館がらみの筋道が出来てからじゃないかな。

15年ほど前にはネット経由で「朝鮮人しね」だの「朝鮮人わるさするな」だのメールを時々頂いたりしまして愕然としましたよ。別に「安易なネット」とかそういう知ったかな印象は持ちませんでしたが。

で、その後はその手のアクセスも余り無いところ、最近また、その類のメッセージを受け取ることがあったのですが、中には「日本人を名乗る」書き手がいるわけで、実際そうなのかもしれませんが、だからと言って、僕にとって「日本人に対する印象」が悪くなるはずが無い。そういう人が日本にいることを理解するだけ。桶屋な論理で、そのメッセージをもって麻生内閣を批判するわけもない^^; 。逆もまた然りですよね、あほと違うねんやったら。

あと、悪口って何のことですか?

2 件のコメント:

江原猛 さんのコメント...

人間は人それぞれ云々の話ではないだろう!
朝鮮人は日本人ではないということだ!
不法入国不法滞在不法占拠の在日朝鮮人は
はやくこの日本から出て行け!!

青ひょん さんのコメント...

なぜそのように血圧の高そうな発言をなさるのか?

「不法入国不法滞在不法占拠の在日朝鮮人」がウトロに居るとお考えなのですか? 僕は知りませんが。

第一、そのような人が居たとして、法治国家日本では当然のように何らかの対応がなされるのではありませんか?

江原猛さん自身が何か根拠をお持ちで書き込まれてるとしても、ここに書き込んでも仕方ありませんよね? あなた向けの窓口を紹介いたすことはしませんが、確実に、ここではないので再考をお願いいたします。

また、「朝鮮人は日本人ではない」などと当たり前のことを強調している点にも首をかしげます。違うけどそれがどうしたのか。僕は、
「日本人に色々な立場や人格な方がおられるのと同じように、朝鮮人、韓国人も様々な人がおるでしょうに。なぜにそのことが想像できないのか。」

と先の投稿で述べましたが、もしや、それを「日本人、朝鮮人は同じだよ」という内容だと認識されたということなのでしょうか? 「日本人、朝鮮人なんて大枠組で語ってバカじゃないの?」 僕は言いたかったわけですが、よく伝わらなかったようですね。

コメントを投稿

コメントありがとうございます。

手作業でコメントの承認をいたしますので、ブログへの反映に時間がかかるかもしれませんが、よろしくお願いします。
/青ひょん